天光社(https://1000kaze.jp/)が見据える日本人と死生観

天光社(https://1000kaze.jp/)は葬儀のアドバイザーとして、理想の葬儀のデザインのサポートを行っています。昭和から平成と時代を経るにしたがって、日本人の死生観は大きな変容を遂げています。かつての日本人にとって、死はまぎれもない必然であり、むしろ今、生きていることのほうが偶然に近いものとしてとらえられていました。生を偶発的な概念としてとらえる考え方は、実は仏教由来のものであり、日本人と仏教が深いレベルで結びついていることの表れでもありました。

しかし、時代の流れとともに死は相対的に日本人から遠い概念となり、日常的に意識されることは少なくなりました。もちろん、現代においても人間はいつか必ず死ぬということは必然にほかならないことです。しかし生そのものがひとつの権利であるかのようにとらえられているために、仏教の根本的な教えである生かされているという感覚は薄れ、死を自由にデザインすることもまた当たり前の権利であるかのように考える人が増えています。

天光社(https://1000kaze.jp/)では時代ごとの価値観を否定することなく、ありのままに受け入れつつ時代のニーズに即した葬儀のパターンを提案しつづけています。