葬儀社が読み解く葬儀文化の未来

諸行無常、万物流転という言葉のように、この世に形を受けたすべてのものは刻々とその姿を変え、絶えず循環しています。もちろん、日本人の死生観、日本国内の葬式文化も例外ではありません。ここ数年、日本人と葬式文化の関わりは急速な勢いで移り変わっています。その流れを端的に表すなら「葬儀のインスタント化」とも言えるほどで、ウェブサイトから墓参りができたり、通夜や告別式で僧侶の挨拶が省略されたり、墓参りの代行サービスが盛況になったりと、時代は葬儀の簡略化のほうに動きつつあります。

こうしたインスタント化の背景にあるのは、日本人と仏教の関係性の変容です。いや、あえてきびしい表現を遣うとすれば、「宗教意識の希薄化」とも言えるのではないでしょうか。かつての日本人が葬儀において伝統としきたりを重視してきたのは、「よく死ぬことこそすなわちよく死ぬことなり」という仏教的価値観を無意識のレベルで体現してきたからです。

しかし、理想の死をむかえることがひとつの権利であるかのようにとらえられている現代では、ある意味での実利主義が浸透し、格式などにこだわる人は少なくなっていきました。その結果がウェブサイトからの墓参りなどの「インスタント化」につながっているのです。天光社(https://1000kaze.jp/)では現代人のニーズを汲み取りつつ、日本の古き良き葬儀文化を継承できるような葬儀プランを幅広くとりそろえています。気になる方は、一度天光社(https://1000kaze.jp/)のホームページを一度確認してみてはいかがでしょう。