葬儀のプロが教える理想のお葬式

お葬式は、人生のなかでたくさん起きるイベントではないでしょう。ビジネスのつながりでつながりのある人の葬儀に参列する機会はあっても、身近な人が亡くなってお葬式を自分自身でデザインする機会はなかなか訪れるものではありません。天光社(https://1000kaze.jp/)は葬儀のプロフェッショナルとして日々たくさんの人々の葬儀をデザインし、理想通りの人生のエンディングをサポートしています。

天光社(https://1000kaze.jp/)では日々、多くの人たちから葬儀の相談が寄せられています。お葬式ほど、家族の間で意見がすれ違いやすいイベントはありません。近年では簡略化されてきたとはいえ、日本ではまだまだ葬儀において伝統としきたりを重んじ、上の年代になるほど葬儀はこうあるべきという価値観にこだわる傾向があります。葬儀の段取りにおいては若い世代とのジェネレーションギャップが明確になりやすく、うまく落としどころを見つけなければ世代間対立へと発展してしまいます。

それぞれの価値観をぶつけ合うのもひとつのコミュニケーションですが、誰のための葬儀かという根本的なポイントをしっかりおさえておかなければコンセプトのない葬儀になってしまいますので、普段から本人をふくめて理想の葬儀について話し合っておく必要があります。